【香港】香港のマンションヘルスでベヨネッタっぽい女の子とセックスしてきた。【141】

2021年1月12日

お疲れ様です。

台湾・香港・マカオ旅行も次の舞台に行きます。今回は香港にある141に行ったときの話をしたいと思います。

現在は香港へ中国共産党の独裁に立ち向かうべく、一般市民が中国共産党に向かってデモを行っている香港ですが、私が行った2014年は香港の人たちが日常をすごすことができる、落ち着いた香港だったのを思い出します。

台湾のホテルを出た私は香港に行くために桃園国際空港に向かいます。街から出ている高速バスに乗り、台北市街を走ります。空港に到着後、キャセイパシフィックのカウンターへ行き、チケットを受け取ります。

荷物検査を通過後、搭乗ゲートエリアをぶらぶらします。さすが、アジア有数の国際空港です、めっちゃ広い。台湾のお土産を眺めながら時間を潰しているとそろそろ搭乗30分前。

飛行機に搭乗し、周りに日本人が全くいないことにドキドキしつつ、2時間ちょっとのフライトです。非常に短い時間でしたが、出てくる食事もおいしく、快適な空の旅でした。

香港国際空港に到着したときには夜の8時ぐらいでした。香港島にあるホテルに行くために電車を使って行くか、バスを使っていくか迷いましたが、日本にはない2階建てバスが走る様子をみて、バスに決定。2階の最前列で香港の夜景を楽しみながら香港島に向かいます。

バスを降車した後、ホテルを探しますがなかなか見つからなかったのを覚えています。香港の町並みは入り組んでおり、どこが建物の入り口なのかわからないのが困りました。

ホテルに到着後、そのまま就寝。翌日の午前に香港を観光したあと、「外国人とセックス」するため、141で有名な○○マンションへ向かいます。

141とは女の子が借りている部屋で行われている個人売春のことで、一対一の英訳である「One for One」の略称です。この頃の○○マンションでは確か6~8階まですべてが141が行われている場所です。日本に例えるならば飛田新地みたいなものです。

女の子の部屋の外にはチャイムが備えつけており、男はチャイムを鳴らして扉から出てくる女の子を確認するというシステムです。

○○マンションに到着したあと、エレベーターで8階に向かいます。8階に到着すると廊下がピンク色の照明になっており、とても怪しい雰囲気です。この8階すべてが141となっており、女の子が部屋で待機しております。

ちなみにチャイムを鳴らすのは自由です。出てきた女の子が気に入れば値段を確認して突入し、気に入らなければそのままドアを閉じるだけです。

私もチャイムを鳴らしまくりましたが、目移りしてしまってなかなか決まることができません。ですが、その中でも眼鏡が似合う巨乳な女の子の部屋に当たりました。よくみると、あのゲームキャラクターのベヨ○ッタによく似ており、値段を聞いてその子の部屋に突入しました。

部屋はだいたい6畳ぐらいでしょうか、部屋の中にベットとトイレとシャワーが合わさった個室が備え付けられております。

女の子にまず600香港ドルを渡してから、互いに服を脱ぎます。そして女の子に垂れ下がったその巨乳をぶらんぶらん揺らしながらシャワー室で私を洗ってくれます。こんな狭いところで洗うなんてすすきののヘルスみたいです。

体を清めたら、ベットにあおむけになるように言われ、あおむけになっていると全裸の○ヨネッタは私に覆い被さり、全身をリップし始めます。

その全身リップは肩、胸、へそ、と徐々に下っていき、最後はもちろん……かと思ったら、ゴムを取り出し、私のペニスに装着します。

そしてそのままフェラをして、ジュポジュポを口から涎を垂らしながら、口で私のペニスを往復します。

そして、女の子は私に跨がり、照準をあわせて、腰をおとして私と繋がりました。

女の子は騎乗位のまま私をイかせんがごとくその巨乳を上下に大きく揺らしながら腰を振っていきます。私もその女の子が揺らすメロンのような乳房を揉むのですが、表面はやわらかいおっぱいですが、指を埋没させると固い部分にぶちあたります、これは豊胸したシリコンでしょうか。気にせず、揺れるおっぱいを両手で支えながら、私と女の子の結合部分を凝視します。

さすがに女の子は疲れたのでしょうか、私とつながったまま動かなくなったので、正常位になります。

女の子はベットに横になりながら股を開くのですが、そこでも女の子のおっぱいはきれいな丸型を保ったままくずれません。やはり豊胸したんですかね。

そして正常位でベットのスプリングを利用しながら、女の子を突いていくと、目を閉じながら女の子が私のピストンを感じている様子がわかります。そうしているうちに女の子は、手で私の腰を押さえ、もっともっとといわんばかりに、私のペニスを求めます。

最後は正常位のまま、女の子が「アンッ、アンッ、アンッ」とリズミカルな嬌声を部屋に響かせ、そしてそれに呼応するかのように、強く強く、女の子の膣口に腰を打ちつけ、最後の力の限りの一突きで女の子がさらに高い嬌声を聞きながら、そのまま欲望を放出しました。

クーラーはつけているはずなのですが、汗による熱気で部屋が暑くなっています。そして私も女の子も汗だらけだということに気がつきました。

事後、女の子がコンドームを外し、もういちどシャワーを浴びるよう促します。

シャワーを浴び、着替えをすると、女の子も服を着て最後にチャームポイントであった眼鏡をつけます。やっぱりベヨネッ○によく似ています。

女の子に見送られながら、部屋を後にし、もう一戦してもいいのですが、明日はマカオに行く予定を思い出し、そのままホテルに帰りました。

次はマカオのサウナについてお話したいと思います。

香港

Posted by otsukadaidai