【中洲】ソープランド「キャンディ」で22歳の女の子に中出ししてきた。【ソープランド】

2019年10月9日

お疲れ様です。

去年の10月ごろに福岡の博多に遠征してきたときの話をしたいと思います。

新千歳空港を飛び出し、福岡空港に到着した私はそのまま中洲川端駅行きの地下鉄に乗り、中洲のホテルに到着しました。

ホテルでのチェックインを済ませ、とりあえずシティヘブンネットでいいお店がないか確認します。旅行に行く前にチェックしたお店はあるのですが、その中でも「キャンディ」というお店は極絞りコースという、即即中出しができるということでこの店で予約することにしました。

そしてソープランドキャンディに到着し、予約してあることを申し出て、待合室に通されます。ちなみにそのときに予約した女の子の名前は「かりん」という名前だった気がします。

10分ほど待機していると、名前が呼ばれ、そこに立っていたのはプロフ写真となんら変わりない、素晴らしいプロポーションを持った女の子が立っていたのでした。

心の中で「ヨッシャ!」と叫びながら、プレイルームのある2階へ案内されるのでした。

そして簡単に挨拶を済まし、まず私から全裸になります。そして女の子の着替えを手伝いながら、ブラのホックを外したり、女の子のパンツを下ろしたりしました。そこに現れたのはとてもスレンダーですが、Eカップのおっぱいが実る素晴らしい女の子の裸がでした。

私がベットに横になるとそのまま女の子は私に上から覆い被さり、DKをしてきます。歯磨きもうがいもしていない私の口に、女の子の舌が這いずり回り、快感が脳天を直撃します。

そして乳首やへそを丹念に舐めまわした後、何も洗っていないペニスをフェラしてくれます。女の子の唾液が亀頭や性毛をベチャベチャにしながらねっとりとしたフェラがペニスの硬くするのです。

いよいよ女の子と私が騎乗位で合体します。久しぶりにコンドームをつけない状態での生セックスということで興奮を隠しきれず、私のペニスが女の子のヴァギナに収まると、思わず溜息が出るほど気持ちが良かったのを覚えています。

騎乗位で女の子は懸命に腰を振ってくれますが、思わず暴発してしまいそうになり、たまらず正常位になります。正常位ですと自分のペースで腰を振ることができます。

正常位で女の子の胎内の温もりを感じながら、DKをします。DKをしながら丁寧に女の子の肉襞を擦り付けるような形で、腰を振り続けます。

正常位でも暴発しそうだったので、最後はバックで激しく中出ししたいと思い、バックに移行します。

最後はもうペニスとヴァギナにコンドームがないことを感じながら、犬のように腰を振りづつけます。爆発しそうな射精感を背中に感じながら、最後は女の子の腰を手で抑えつつ、鈴口を子宮口に押し付ける形で思いっきり中出ししました。最後の一滴まで中出しして、ペニスを膣から引き抜くと、バックのままの女の子の膣口から私の精液が滴っており、とても征服感があったのを覚えています。

一回戦が終わり、そのまま浴室に案内され、軽く体を洗った後、女の子と混浴します。少し雑談をした後、女の子はマットの準備をしてくれます。そして女の子に促される形でベットでうつ伏せになりました。マットでは女の子のカップがローションを通して私の背中に押し当てられ、身体中をローションまみれにした後、アナル舐めがあり、ペニスが一気に元気になりました。

ペニスが100%状態のまま仰向けになり、軽くDKをした後、マットの上で騎乗位合体しました。ベットの騎乗位とは比べ物にならないほど、女の子は高速で激しく腰を振り続けました。

あとは女の子から快楽の波が私に降りかかり、ローションまみれになった股間と股間が「バチュン!バチュン!」と音を響かせながら、また女の子の膣内に射精しました。

女の子が騎乗位状態を解除すると、膣口からすごい量の精液が溢れていたのを覚えています。

最後は軽く体を洗い、私が女の子に「とても良かったよ!」というと女の子がとても喜んでいたことを覚えています。

そして別れ際にキスをして、女の子と別れたのですが、待合室でヒーローインタビューがあり、全て100点にしたことを覚えています。

幸先の良い福岡旅行に胸を踊らせつつ、店を後にするのでした。