【すすきの】ソープランド「病院」でIカップ巨乳とセックス してきた【ソープランド】

2019年2月25日

お疲れ様です。

今日はすすきのにあるソープランド病院に行った時の話をしたいと思います。

ソープランド病院はすすきのにあるソープランドの中でも格安店ということで有名で、三年前は90分15,000円で入ることができました。

今はこの店にはあまり行く機会がないのですが、私が裏を返すきっかけとなった女の子がいます。それが「愛咲」という女の子でした。

シティヘブンネットで女の子のプロフィールを見たときに思わず息を飲み、そのまま予約してしまったことは記憶に新しいです。

当日、すすきのについた私はライラック通りのポン引きを無視しながら、ライラックビル8階にあるソープランド病院へ向かいました。

お金を支払い、待合室で待っていると、私が呼ばれ、カーテンをくぐるとそこには服越しでもわかる巨乳の美人の女の子が正座していました。しかもその巨乳ながらもウェストは細いです。心の中で「よっしゃ!」と叫びながら、女の子と手を繋ぎながら個室に入りました。ちなみにソープランド病院の個室は扉の前に「耳鼻科」「内科」などの病院の担当する患部が書いてあります、私が入ったのは泌尿器科でした。

そして部屋に入って挨拶や軽い雑談をして、緊張を解きます。そして違いに服を脱ぐのですが、女の子がナース服を脱ぐと、なんとパンツを履いていませんでした。また、ブラジャーはつけていましたが外すとアニメの巨乳キャラばりの爆乳が実っていたのです。

女の子にエスコートされる形で浴室へ、そこで雑談をしながら洗体、入浴、歯磨き、そして混浴しながらのディープキスを流れるように行います。

そしてマットです。マットに入ると、Iカップの巨乳を私の体に押し付けながらローションを擦り付けていきます。私がうつ伏せになりながら足を巨乳で挟みながら足の指を舐めたり・・・・、股間と股間を擦り付けたりしてきます。

仰向けになると、ローションをつけたままパイズリをしてきます、そして肉棒を乳棒で覆いつくしながらそのまま生フェラをしてきます。すっかり元気になったペニスは、帽子を被せられ、騎乗位で女の子の膣内に入っていきました。

マットをうまく使いながら、女の子が私の上で腰を振るのですが、腰を振るとその巨乳がバインバインと揺れています。上から女の子を突き上げながら、両手で収まらない乳を揉みます。

そのまま限界まで射精感を高めながら、最後はそのまま女の子を抱き寄せ、ディープキスをしながら、女の子に射精しました。

一回戦が終わり軽く雑談をして、仕事の話だとかピロートークをしながら体を抱き寄せまたDKをします。二回戦の始まりです。女の子が生フェラをして、軽く勃ったらまた騎乗位で挿入しました。騎乗位のあとは対面座位で腰を揺らしながら、その巨乳の乳首をしゃぶりつくします。女の子も甘い嬌声を漏らします。

そしてお願いして立ちバックで挿入もしました。女の子に腰を打ちつけながら、その垂れた巨大な乳房を見ると、おのずと興奮度が増してきました。

最後はまた騎乗位で下から腰を打ちつけながら、女の子の揺れるおっぱいをガン見しながら、女の子に射精しました。